尾道の鮮魚をふんだんに使った和食・寿し処 宮徳

プライバシーポリシー通信販売法規上の表示サイトマップお問合せ

創業天保三年・宮徳

尾道宮徳、お店のご案内

尾道名代せいろすし・尾道のすし処といえば宮徳。宮徳といえばせいろすし
ホームお店ご案内(概要)





 お店ご案内(概要)

 アクセス



ご来店予約はこちら


尾道・宮徳のこだわり

尾道で一番古い寿し処、宮徳。


寿しの老舗といわれ、その歴史180年。瀬戸内の交通の要所として栄えてきた港町・尾道。景色よく、酒肴よく、人情味豊かな町・尾道。

古今、数え切れぬ文人墨客がこの町に魅せられ、訪れました。
そんな町、尾道の大宮町に、初代、沼田徳次が、すしの商いを始めたのが天保3年(1832年)のこと。
その地名にちなんで 「宮徳」 と名付けたそうです。


尾道・宮徳といえば「せいろすし」

宮徳といえば「せいろすし」。


焼きあなごをきざみ込んだ寿しめしに椎茸、卵焼、そぼろをのせて、蒸した甘酢っぱい味は、当店の秘伝として変わらぬその旨味を伝えてまいりました。

尾道・宮徳といえば「せいろすし」

宮徳といえば「江戸時代より伝わるうるし塗りの漆器」


器も江戸時代より伝わるうるし塗りの漆器で、半年に一度は越前塗りの里、福井県鯖江で塗り替えをいたしております。


尾道・宮徳といえば「せいろすし」

宅配をご用意しました。


宮徳の味「せいろすし」を是非味わってみたいという遠方の皆様のご要望にお応えし、昭和62年より宅配を開始して以来、多くの方々よりご好評なお便りを頂戴しております。

古里だより」として「ご贈答」あるいは「お土産」として、是非ともご利用くださいませ。

瀬戸の活魚をネタにした車えびのおどり、オコゼ、あまての唐揚等当店自慢の活魚料理も合わせてご賞味くださいませ。

尾道・宮徳の概要
商 号:宮 徳
本 社:〒722-0045
広島県尾道市久保2丁目23−16
TEL:0848-37-3652
FAX:0848-37-5380
営業時間:AM11:00〜PM 9:30
ラストオーダー:PM 9:00
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:8台
座席数:約70席
URL:www.miyatoku.co.jp/
ページ先頭に戻る

ホームお店ご案内お品書きご来店予約せいろすし予約宮徳かわら版

宮徳:〒722-0045 広島県尾道市久保2丁目23−16
URL:http://www.miyatoku.co.jp/
宮徳